防災グッズのリストアップをして、万全の防災対策を!

本当に必要な防災グッズとは?

 

 

いつ起こるかわからない地震、災害に備えておくべき防災グッズは何か?

 

被災したときに一番怖いのは、防災について「知らない事」です。

 

東日本大震災で被災した私が『これはあって良かった』『これがあれば良かった』と本気で思った防災グッズを紹介します。

 

 

 

 

どんな時にどんな物が必要になるのか?

 

 

 

ラジオ

懐中電灯・保安灯

 

災害に停電はつきもの。ラジオは重要な情報源となります。

 

ラジオと同じく、停電の際に無くてはならないものです。

簡易トイレ

給水タンク

 

断水したときに大活躍する簡易トイレ。

 

断水の際、給水所で給水する際に役立ちます。

保存食

アウトドア用品

これはみなさん知ってる防災グッズですね。

ここでは、東日本大震災の時にあって良かった保存食をご紹介します。

テントや寝袋、簡易コンロなど、キャンプ用品は被災時に役に立つものがいっぱい。

ガソリン携行缶

車載用携帯充電器

 

東日本大震災ではガソリン不足がかなり深刻でした。

 

電気がない中、携帯を充電できる車用の充電器は必須アイテムです。

石油ストーブ

生活用品

 

冬場の被災では非常に役立ちます。部屋を暖めるだけじゃないところがGOOD!

 

普段使っている生活用品の中で、特にあると良いものピックアップ。

家具転倒防止用品

台車・キャリーバッグ

 

すべての家具を固定するのは無理でも、被災率の高い寝室や食器棚などは固定しましょう。

 

台車は給水タンクなど重量のある物資の移動には必須です。